トップイメージ

破産申請での手続きにしたがうと、申請する人は一番初めに申請書を申し立てる人の住居地を管理する裁判所に差し出すことがスタートです。

申請者による申立書類が来ると地方裁判所は、自己破産申請の決定をするべき事項が存在するか否かといったことを審議することになって、審査の完了したとき、申請した人に支払不能の状態などといった自己破産の条件が備わっている場合は認定がくだることとなります。

しかしながら破産申立の認定があったとしても、それだけだと債務が免除になったことにならないのです。

免責許可を与えてもらう必要性があるのです。

免責という言葉は破産申立の手続きの上で清算が困難な当人の借入について、司法がその返済を帳消しにすることをいいます。

要するに借金を消し去ることです。

免責でも、自己破産申立の認定の流れと似ていて地方裁判所で審査がおこなわれて、審査の終了後免責の判定がくだされれば、破産者は債務から自由になることになるので債務額はゼロとなり、そして、カードローンやクレジット払いが使用できなくなることを除外すれば自己破産認定者にもたらされる不便から解放されるのです。

ところで、免責非認定(義務をゼロにさせない)という判断がされた場合返済責任とが受けるハンデは解消されないままになります。

破産に関する法律の免責は仕方のない事情で債務を抱え苦労している人を助けるのが目的の取り決めです。

したがって貯金を無いことにして自己破産の実行をするといった国にあてて嘘の申請書を提出するなど制度を不正使用しようとする者やカジノや豪遊などの無駄遣いによって負債を作ってしまった人の場合は、その人の破産の認可手続きを停止したり、免責申請が許されることはありません。

法的には免責の認可をもらう資格が無い事由を示した場合以外にもいくつも用意されておりそのことを免責不許可の理由といっています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.weirdos.biz All Rights Reserved.