トップイメージ
クルマの保険には皆様もご存知だと思いますが通称「等級」と呼ばれる指標が被保険者に対して与えられます。より正確にはノンフリート等級別料率制度といわれ、月々の掛金に大きく影響しています。等級においては、クルマの保険に入っている者の公平な負担を保つことが狙いとすることで、自動車事故を生じさせる可能性ないしは、クルマの損害保険を使用する恐れが高ければ高いと見込まれるほど保険料が増えます。一方でトラブルを引き起こす現実味がより少なく、車の損害保険を使用することはないだろうと認められる人に関しては優秀な保険利用者であると判断されることで保険の料金が低額になります。安全に乗用車を利用する加入者の方のほうが有利な仕組みなので、トラブルを引き起こしやすい被保険者にはデメリットのある仕組みだといえます。等級は、低リスクの運転手と事故のリスクがより大きい運転者の月々の掛金が同じだとフェアでないと感じる方が多いですしサービス提供側サイドにとっても経営上のリスクを減らすためにどうあっても必須のシステムだといえます。では、等級とは具体的には一体どんな仕組みなのか簡単にご案内しましょう。はじめに、等級というシステムには1等級より20等級まで定められ、級が上がると保険の料金が安くなるシステムになっていることに注意しましょう。また1等級から3等級については値下げされずそれどころか高くなり、自動車事故を起こし、自動車の保険を適用してしまうと三等級低くなり、より負担が増した自動車損害保険を払うことになるのです。第三に、新たに入る場合は6等級から始まりとなり、その等級から数が下がるのか上がるのかは契約者次第です。ですから、保険の料金を安価に抑えたい運転者はトラブルを起こさないように日々安全な運転に努力するのが一番大事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.weirdos.biz All Rights Reserved.