トップイメージ

予測せず突発的に遭遇してしまうのが乗用車の事故です。ハーブガーデンシャンプー

その場面でどう処理したことがポイントとなり、保険料の支払金もかなり変化する時も予想できますので間違えない判断と対応力が不可欠です。

想像も出来ない状況に遭遇して慌ててしまったら状況を逃してしまい、この先自分がかなり大きな損を負う場合も予測できるので車の事故を起こした場合は落ち着いて次に述べる対処をします。

乗用車の事故をした場面で最初にしなければいけないのが怪我をした方がいるかどうかの確認です。

自動車事故後は気が動転するあまり喪心状態になってしまう場合があり容易に行動を起こせないのが当たり前です。

重軽傷者がいたら安全な地点へ移動して処置して周りに助けを呼ぶなど要救助者の最優先に努めることが大事です。

119番に電話をする時ははっきりと事故現場を連絡して不明な場面では周囲の目立つ学校や場所名を知らせて事故現場の場所が分かってもらえるようにします。

2番目に警察へ知らせ、自動車事故が発生したこと、簡単に状況を伝えます。

救急車と警察を待っている時間に負傷者の事を確かめます。

氏名、住所、免許証番号、ナンバープレート、事故の相手の保険会社という互いの情報を言います。

その時事故相手にミスがあった場合には即刻やり取りしようとするケースが存在しますがその場所で片付けるのではなく、どんな風な時だとしても警察や自動車保険の会社に通報してジャッジしてもらうようにしましょう。

各々の連絡先をやり取りしたら他者の障害にならないように障害となる物を路上からどかします。

どうしても障害となった物が通りかかった人の妨げとなっている状況なら互いの情報の交換をする前にこの対応を行っても問題はないはずです。

その次に自身の入っている保険会社に連絡を入れ車の事故が起こった事を届け出ます。

自動車の事故から特定の期間の間に自動車の保険会社に報告していないと、車での事故の保険の適用除外とされることもありますので時間が出来たら速やかに連絡を入れることが大切です。

また跡としてカメラやタブレットなどで事故やマイカーの破損の様子が分かる写真をを撮っておきます。

この証拠写真は責任の割合決定する際にかなり大きな証明とできるので自分の愛車や相手方の乗用車の故障個所をちゃんとカメラに残しておくことが大事です。

目撃者がいたのなら警官の方が保険屋さん着くまで現場にそのまま待って頂けるように依頼するのも重要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.weirdos.biz All Rights Reserved.